劇団員プロフィール

後藤まなみ(Manami Goto)
主な出演作「紙風船」(第一回利賀演出家コンクール最優秀賞受賞作品)「フェードル」主演、「アントニーとクレオパトラ」主演、「砂女」主演 他多数。近年ではペーター・ゲスナーの右腕として共に演出、演技指導を行い、学生の育成にも力をいれている。
以下、桐朋学園短期大学での作品→アントニーとクレオパトラ(2016年6月試演会)、贋の侍女(2017年11月試演会)、ゴドーを待ちながら(2018年国際大会ATEC・APB出場作品)
荒牧大道(Hiromichi Aramaki)
2001年「いまわのきわ」出演を経てうずめ劇場に参加。「黄金の壺」「夜壺」「ねずみ狩り」「我が闘争」など主演多数。東京移転後の「砂女←→砂男」「喜劇だらけ」では、いずれも2本立て公演の両方でメインの役を担うなど、中心メンバーとして活躍。劇団外での活動も活発で、劇団キンダースペース、CHAiroiPLIN、演劇集団風煉ダンス、劇団椿組など、様々な演劇スタイルに積極的に参加、舞台監督としても、演劇、ダンス、オペラ、野外など活動の場は多岐にわたる。
松尾容子(Yoko Matsuo)
1996年よりうずめ劇場に参加。主な出演作品「紙風船」「開かれたカップル」「夜壺」「エレベーターの鍵」「昔の関係」「フェードル」「氷の下」等。1993年にユーラシア大陸のほぼ中央に位置するトゥバ共和国を訪れたことをきっかけにアルタイ地域に伝わる喉歌ホーメイに出会い、演奏活動も行う。2020年6月コロナ自粛期間中に、13世紀のモンゴル帝国を舞台にしたリーディング公演「アラムートの暗殺教団」を脚色・演出し、オンラインで動画配信した。
藤澤友(Tomo Fujisawa)
2000年うずめ劇場加入。出演は「牡鹿王」(2001)から「エレベーターの鍵」(2011)まで。脚本、演出なども手掛け、現在はドラマトゥルクとして活動に関わる。「火あぶり 班女」「道成寺 班女 卒塔婆小町」「レオンスとレーナ」の演出を手がjけた。表舞台を離れて久しいが、2020年4月コロナ自粛以降、こんな時なので、みんなでなにかやろうと思い「アラムートの暗殺教団」「氷の下」に俳優として出演した。