公演情報

ガイドブック

うずめ劇場ガイドブック(電子版)2 ↑こちらからアクセス。ご自由にダウンロード(保存)してください。 (PDFの閲覧には、Adobe Acrobat Reader が必要です) 9.26. ページ構成を修正しました。    

もっと読む...

うずめ劇場第28回公演 「アントニーとクレオパトラ」

公演終了! ありがとうございました。 うずめ劇場 第28回公演 20周年記念公演 シアターΧ提携公演 「アントニーとクレオパトラ」 原作:W・シェイクスピア  演出:ペーター・ゲスナー 松岡和子訳による、ペーター・ゲスナー上演台本 “異邦人演出家”ペーター・ゲスナーが満を持して贈る! 世界が裏返る、誰も見たことがない「アントニーとクレオパトラ」

もっと読む...

第27回公演「喜劇だらけ」作品紹介

    <演出家 ペーター・ゲスナーのメッセージ>   どんなときに、私たちは喜劇を求めるのだろう。 職につけず、不安いっぱいのとき。安全で安定した生活に、憧れているとき。 自分を、大きく、良く見せようと、嘘をつくるとき。 自分の力ではどうにもならない運命に対して、なんとかがんばるとき。 せめて文化的な最低限度の生活をしていると自分に言い聞かせたいとき。 ネストロイ作品には、文明への皮肉や、人間本来の価値・ルーツの価値が見失われた状況が登場する。 しかしこれは喜劇である。 私たちは、観客に、明るいパワーを返したい。 画一的な生き方を人間に強要する、コンピューター時代の仮面をはぎとるために

もっと読む...

うずめ劇場第27回公演「喜劇だらけ」

これぞ、グローバル時代のカニバリズム! 飽くなき人間愛に根差した、喜劇王ネストロイの世界。 弱肉強食の文明社会を批判し、あらゆる検閲をかいくぐって練り上げた滑稽劇! 19世紀オーストリアを代表する喜劇作家ネストロイ。 その人間世界への愛憎劇は、シェイクスピアをも凌駕し、現代社会に燦然と光り輝く。 在日20年のドイツ人演出家、ペーター・ゲスナーが織り上げる、和洋折衷時空超越支離滅裂の滑稽絵巻。 現代社会に埋もれる東京人たちへ叩きつける、挑発度満点の挑戦状! 本邦初訳初演。

もっと読む...

公演直前、更新情報

・第26回公演「砂女←→砂男」チケット絶賛発売中! 残席情報を詳細ページにアップしました。満席の公演も出ております。ご予約はお早めに!! ・うわさのテーマソングがついに完成! 全部はお聞かせできませんが、30秒プロモーションムービーをアップしました。公演をお楽しみに!! ・特別企画「下北沢幕間散歩」特設ページをアップ。詳細ページからリンクしています。楽しい休日を! ・出演者情報の顔写真アイコンを全員分公開。プロフィールの内容についても、引き続き更新していきます。 ★「しのぶの演劇レビュー」に、ゲスナーのインタビューと稽古場レポートが掲載されています! ぜひご一読くださいませ。

もっと読む...

うずめ劇場第26回公演「砂女←→砂男」(演出 ペーター・ゲスナー&天野天街)

 下北沢演劇祭参加作品 ◆うずめ劇場第26回公演「砂女←→砂男」◆ (11日 荒牧、最終公演を前に)   公演終了! 連日超満員(雪の日だけ満員)!! ご来場いただいたお客様に心より感謝です。ありがとうございました。

もっと読む...

うずめ劇場 第25回公演 『エレベーターの鍵』

うずめ劇場 第25回公演 「エレベーターの鍵」 公演終了しました。ご来場のみなさま、ありがとうございました。  作/アゴタ・クリストフ 演出/ペーター・ゲスナー   翻訳/堀 茂樹「怪物 アゴタ・クリストフ戯曲集」(早川書房刊)より  Because of her death we do this play. To remember and to honore her work.(Peter Goessner) アゴタ・クリストフ氏は、2011年7月27日(火)に永眠されました。心より、ご冥福をお祈りいたします。

もっと読む...